女性特有な日が近づくと腰痛が起きやすくなる女性は多く、その場合は温めた方が良いのだけど、以前少しだけ整骨院で働いたことがあり、その時に学んだのは腰痛が起きた時に痛い部分を触ってみて熱をもっていたら、冷やしたほうが良いということでした。

 

熱をもってるってわかるの?って思うかもしれませんが、実際触ってみると左右で温かさが明らかに違う場合があるんですよ。その場合は、炎症が起きているから、保冷剤などをタオルに巻いたりして10分くらい冷やして、休ませて冷やしてを繰り返すと良いということを学びました。

 

実際、私も家族も行ってみるとすぐには良くならなくても徐々に変化が現れてくるので、触ってみて熱を持ってるのがわかれば、冷やす事が大切です。冷やしていて、冷たさが痛いと感じるようであれば冷やすのは止めましょう。炎症がおさまっている証拠なので、冷感シップとかも止めた方が良いです。

 

熱を持ってないで腰痛がある場合は、慢性的なものが多いらしいので温めた方が良いので、湯船とかにもしっかり浸かって血行を良くした方が良さそうです。

 

しかし、腰痛になると時々胃も痛くなることがあって、胃が痛いから腰痛が起きるのか、腰が痛くて胃が痛くなるのかどちらなんだろう?と考えてしまうことがあります。

 

重いものを運んだり、立ち仕事による腰痛もあると思いますが、私の場合はデスクワークによる座りっぱなしが原因の腰痛です。座るということは比較的、体に負担がないはずですがどうも同じ姿勢ということが腰周りの筋肉などにもよくないようです。対策としてできるだけ休憩を挟んで席を立つようにしていますが、用もないのに席を立つのが仕事中だとどうもやりにくいときもあります。トイレに行きたくなくてもトイレ休憩のふりをしてトイレに行ったりしています。昼の休憩もできるだけ席をはずして職場近くの公園にいったり商店街まで買い物がなくてもぶらぶらしたりして動くようにしています。最近はそのように意識して座りっぱなしを予防しているので腰痛も少しなくなりつつあります。ストレッチをとりいれたり、スポーツや運動をとりいれたりするともっと効果があるかと思い、何かしようと考えています。腰にいいのは水泳などがいいとも聞くのでプールでスイミングに通うか検討中です。

更新履歴